Alberto Toscano—On Ranciere’s anti-sociology and relation to Badiou

/

The following interview was conducted on 29th March, 2011, comissioned by Theory Culture and Society, as following up of Alberto Toscano’s talk titled ‘Anti-sociology and its limit’ at the University of Essex, Feburary, 2011. In this interview, Alberto Toscano explains his critique of Jacques Ranciere: anti-sociology.

Interview with Alberto Toscano (Part 1) from Yuk Hui on Vimeo.

On Ranciere’s anti-sociology and his relation to anarchism

Ranciere’s proposal of the equality as the starting point instead of a goal intrinsically sets himself against all hierarchical structures and organization knowledge. Ranciere’s method based on the homonymy such as democracy/’democracy’, politics/police, etc, constantly challenges the existing governing rules that are nevertheless obstacles towards emancipation and the politics of equality. A true emancipation and equality, is found by Ranciere in the thought of the revolutionary school master Joseph Jacotot(1770-1840), whose pedagogical method sets against the opposition between the guardian and the ignorance. Ranciere proposes that one must think beyond the two legacies of Enlightenment, firstly one that gives the privilege to schoolmasters to educate the workers (golden communists vs iron workers); secondly the triumph of individualism over community[1].

Ranciere’s proposal of a radical equality and anarchic democracy juxtaposes him with the sociologists and philosophers who attempt to work out an epistemological scheme of equality and democracy. In this interview, Alberto Toscano explores the development of Ranciere’s thought since the 1980s, when he targeted at the sociology camp of Pierre Bourdieu, and argued that, according to Toscano, ‘the form of critique of sociology as a discipline, inhibits the thinking of the specificity of politics and the specificity of emancipation’. Instead Toscano proposes the limit of this anti-sociology approach and criticized that ‘Ranciere risks sacrificing the (counter-)epistemological dimension of politics to its aesthetic one, missing the potentially fruitful links between the two. [2]’

The interview also discussed Ranciere’s relation to anarchism (as proposed by Todd May3), his ideas on sharing and trust with regarding to organization struture, and the resonance between Ranciere’s work ‘The Hatred of Democracy’, and Toscano’s own work on fanaticism [part 2]. Toscanno also compared Alain Badiou and Jacques Ranciere [part 3] and discussed his current projects and his philosophical reflection on his work with the union against the current education reform in the UK [part 4].

Interview with Alberto Toscano (Part 2) from Yuk Hui on Vimeo.

On Ranciere and his relevance to Toscano’s own works on fanaticism

Interview with Alberto Toscano (Part 3) from Yuk Hui on Vimeo.

On the similarity and difference between Ranciere and Alain Badiou

Interview with Alberto Toscano (Part 4) from Yuk Hui on Vimeo.

On his current projects and his involvement with the union

1.Jacques Ranciere, Communists without communism?, in The idea of communism (London: Verso, 2011)
2. Alberto Toscano, Anti-Sociology and its Limits (2011)
3. Todd May, The Political Thought of Jacques Rancière: Creating Equality (Pennsylvania State University Press, 2008)

Latest from Blog

Review of The Question Concerning Technology in China (Genron, 2022) in Artscape (JP)

昨年、哲学者ユク・ホイの主著2冊が立て続けに日本語に翻訳された。その1冊が『再帰性と偶然性』(原島大輔訳、青土社)であり、もう1冊が本書『中国における技術への問い』(伊勢康平訳、ゲンロン)である。かれのおもな専門は技術哲学だが、過去には哲学者ジャン=フランソワ・リオタールが手がけた展覧会「非物質的なものたち」(1985)についての論文集の編者を務めるなど★1、現代美術にも造詣が深いことで知られる。 本書『中国における技術への問い』は、近年まれにみるスケールの哲学書である。著者ユク・ホイは香港でエンジニアリングを、イギリスで哲学を学び、ドイツで教授資格(ハビリタツィオン)を取得したという経歴の持ち主だが(現在は香港城市大学教授)、本書を一読してみればわかるように、そこでは英語、中国語はもちろん、ドイツ語やフランス語の文献までもが幅広く渉猟されている。そのうえで本書が投げかけるのは──まさしく表題にあるように──「中国」における「技術」とは何であるか、という問いである。 そもそもこの「技術への問い(The Question Concerning Technology)」という表現は、ハイデガーによる有名な1953年の講演(の英題)から取られている(『技術への問い』関口浩訳、平凡社ライブラリー、2013)。本書は、かつてハイデガーが西洋哲学全体を視野に収めつつ提起した「技術への問い」を、中国哲学に対して差しむけようとするものである。せっかちな読者のために要点だけをのべておくと、本書でホイがとりわけ重視するのは「道」と「器」という二つのカテゴリーである。大雑把に言えば、中国哲学においては前者の「道」が宇宙論を、後者の「器」が技術論を構成するものであり、ホイはこれら二つの概念を軸に、みずからが「宇宙技芸」と呼ぶものの内実を論じていくことになる。言うなればこれは、古代ギリシアにおける「テクネー」を端緒とする西洋的な「テクノロジー」とは異なる、中国的な「技術」の特異性を明らかにする試みである。 Read more

The Question Concerning Technology in China (Genron, 2022) is ranked no. 10 the Kinokuniya Humanities Award 2023 (「紀伊國屋じんぶん大賞2023」) (JP)

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。 「紀伊國屋じんぶん大賞2023 読者と選ぶ人文書ベスト30」が決定いたしました! 「読者の皆さまと共に優れた人文書を紹介し、魅力ある『書店空間』を作っていきたい」――との思いから立ち上げた「紀伊國屋じんぶん大賞」は、今年で13回目を迎えました。 おかげさまで、本年もたくさんのご応募と推薦コメントをお寄せいただきました。一般読者の方々からいただいたアンケートを元に、出版社、紀伊國屋書店社員による推薦を加味して事務局にて集計し、ベスト30を選定いたしました。 ※2021年11月以降に刊行された人文書を対象とし、2022年11月1日~11月30日の期間に読者の皆さまからアンケートを募りました。※当企画における「人文書」とは、「哲学・思想、心理、宗教、歴史、社会、教育学、批評・評論」のジャンルに該当する書籍(文庫・新書も可)としております。 2023年2月1日(水)より全国の紀伊國屋書店で受賞作を集めたブックフェア・推薦コメントを掲載した小冊子の無料配布を予定しております。※フェアの展開規模は店舗によって異なります。詳細が決定しましたら随時このページや公式Twitterにてお知らせいたします。   出版社内容情報 諸子百家と人新世を結ぶ、まったく新たな技術哲学の誕生! なぜ「技術」は西洋の伝統のうえでのみ定義され、論じられてきたのか? ハイデガーの「技術への問い」を乗り越え、破局へと暴走するテクノロジーに対抗するために、香港の若き俊英は文化的多様性に開かれた「宇宙技芸」の再発明に挑む。京都学派から100年。「近代の超克」を反省し、東洋思想を再び世界へと開くために必要な、「道」と「器」の再縫合はどうなされるべきなのか。諸子百家と人新世を結ぶ、まったく新たな技術哲学の誕生! more info