Philosophy of the Web Seminars: Networks and Objects

/

Date: 1 July, 2013

Time: 17h30 – 20h00

Venue: Centre for Digital Cultures, Sülztorstraße 21-25, 2. Stock, Raum 305 (All welcome!)

Antoine Hennion (Mines ParisTech): Translation, association, mediation: from ANT to a pragmatics of attachments

Alexandre Monnin (Panthéon-Sorbonne/INRIA/CNAM/IKKM Weimar): Forget O-O-O, the best “theory” of objects is the Web – on philosophical engineering and ontology, a pragmatist approach between Bruno Latour and Brian Cantwell Smith (and Wittgenstein)

Respondent: Yuk Hui (Leuphana)

Antoine Hennion is professor and director of the Institute for Sociology of Innovation in École nationale supérieure des mines de Paris, his research centres on sociology of music and culture, on culture industry, advertisement and design. Author of numerous books including La Grandeur de Bach. L’amour de la musique en France au XIXe siècle(2000), Figures de l’amateur Formes, objets et pratiques de l’amour de la musique aujourd’hui (2000): http://fr.wikipedia.org/wiki/Antoine_Hennion

Alexandre Monnin, doctor in philosophy from Paris 1 Panthéon-Sorbonne focus on the philosophy of the web. Currently visiting fellow at IKKM Weimar, associate researcher at Inria Sophia Antipolis (francophone Dbpedia project), associate researcher at the the National Conservatory of Arts and Crafts and co-chair of the W3C “Philosophy of the Web” Community Group. In 2013, Alexandre was named one of the 25 experts in Open Data by the Etalab of the French Government: http://web-and-philosophy.org/

Latest from Blog

“Technological Pluralism” in WIRED (vol. 50, Sep. 2023) (JP)

『WIRED』US版の創刊から30周年という節目のタイミングとなる今号では、「30年後の未来」の様相を空想する。ちなみに、30年後は2050年代──つまりはミッドセンチュリーとなる。“前回”のミッドセンチュリーはパックスアメリカーナ(米国の覇権による平和)を背景に欧米的な価値観や未来像が前景化した時代だったとすれば、“次”のミッドセンチュリーに人類は、多様な文化や社会や技術、さらにはロボットやAIエージェントを含むマルチスピーシーズが織りなす多元的な未来へとたどり着くことができるだろうか? 空想の泰斗・SF作家たちとともに「Next Mid-Century」を総力特集する。 テッド・チャン、劉 慈欣、池澤春菜、マリアーナ・エンリケス、倉田タカシ、N・K・ジェミシン、高山羽根子、ウォレ・タラビ、藤井太洋、ユク・ホイ、齋藤精一、ベッキー・チェンバーズ、長谷川 愛、三宅陽一郎、山田胡瓜、ププル・ビシュト、川崎和也、津久井五月、逢坂冬馬、安堂ホセ、池上英子、市川沙央、市川春子、伊藤亜和、稲見昌彦、円城 塔、岡 瑞起、川和田恵真、斉藤賢爾、齋藤帆奈、Jen.two、Jini、柴田勝家、アンソニー・ダン、陳 楸帆、エレナ・トゥタッチコワ、野﨑まど、伴名 練、比嘉夏子、Peterparker69、ジョアンナ・ファン、フラン・ラブシャーニュ、松田桂一、宮内悠介、村上由鶴、和田夏実、吉上 亮、水野祐、なみちえ、川田十夢など。 More info Full Text

『宇宙技芸の多様性』(by Daisuke Harashima) in The Adventurers of Media Theory (University of Tokyo Press, 2023)

著者 伊藤 守 編 発売日 2023/09/01 ISBN 978-4-13-050209-2 判型・ページ数: A5 ・ 400ページ はじめに(伊藤 守) Ⅰ メディア論の目覚め ガブリエル・タルド:モナド論からメディア論へ(伊藤 守) ヴァルター・ベンヤミン:媒質から複製技術メディアへ(竹峰義和) テオドール・W・アドルノ:同一化と抵抗の弁証法(竹峰義和)